F1オーストラリアGP観戦に行くなら航空券を自分で手配する
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F1オーストラリアGPの観戦することが決まったら航空券の手配が必要です。オーストラリアに行くには飛行機を使うのが一般的なので、航空券を手配しなければなりませんが、ほとんどのケースで観戦券代金やツアー代金とは別で航空券を購入してくださいということが多く、基本的に航空券は自分自身で手配をすることとなります。各種ツアー会社のサイトにも注意書きで、航空券はお客様自身で購入してくださいと明記されているところがほとんどです。
しかし航空券をツアー会社の方で手配してもらうこともできます。燃油サーチャージや空港使用料、現地での出入国税などの空港諸税を旅行会社の方に支払えば、航空券の手配のお手伝いをしてもらうことができます。しかしその場合は手配型旅行契約となることを覚えておきましょう。

F1オーストラリアGPの際の手配型旅行契約とは

F1オーストラリアGPに観戦に行く際、航空券は自分自身で手配する必要がありますが、もし自分で手配したことが無くて手続方法が分からない、自分で手配するのが心配だ、などの不安がある方は、そのツアーの企画会社に依頼することもできます。しかしその場合は有料となり、レース観戦券代、ツアー代及び航空券代とはまた別料金を支払うことになります。この場合ツアー企画会社との手配型旅行契約を結ぶことになります。これはれっきとした国の旅行業法で定められており、客の委託により旅行会社が航空券の代替え取得などのサービスを提供できるように委任契約を結ぶのです。
この契約を結べば客に航空券の代替え取得などのサービスを提供できることになります。ただ一つ気をつけなければならないのは企画旅行と違って、旅行会社の方は例えば航空券の手配をした、という事務処理を行った段階で契約条件を満たし、その任務を終了することになります。
つまり旅行会社が手配を行ったが、例えば満員で航空券が取れなかった、何かしらの理由で航空券がキャンセルになった、などの場合でもしっかり任務を果たしたものとみなされ、客はその旅行業務取扱料金を支払わなければならないということです。航空券が取れた、取れないにかかわらず料金が発生します。これは企画旅行と違い旅行会社に旅程管理責任が無いためこのようになっています。自己責任になるので気をつけましょう。

F1オーストラリアGP観戦しにメルボルンへ 気になる航空券代金は

F1オーストラリアGPを観戦するためにはメルボルンまで飛行機で行くことになりますが、それでは東京発のメルボルン行きの航空券の代金や格安航空券との値段の違い、また時期によっての値段の違いなどはどうなっているのでしょうか。
まず基本的に東京発メルボルン行きの航空券の値段は1年を通して往復で8万円強から11万円強の間に収まります。1月と12月が約11万3,000円から11万9,000円と最も高く、3月と6月及び9月と11月が一番安い8万5,000円から8万9,000円の間で購入できます。
こちらは一般的な相場の料金で格安航空券を探すともっと安く購入できます。格安航空券の場合は4万4,000円強から6万7,000円強の間で購入することができるので、出費を安く抑えたい方は検討する価値はあるでしょう。格安航空券は非常に安いのが特徴ですが、航空券のキャンセルや払い戻しができなかったり、すべてのサービスが別料金になっていたりして余計に出費がかさんだりするなど、格安航空券ならではのデメリットも存在しますので、よく調べておかなければなりません。
そして東京からメルボルンへは直行便が出ている航空会社は3社もあり、週の便数は15便と1日2便出ている計算になりますので、時間的にも困ることはありません。東京からメルボルンまではおよそ8200キロでフライト時間は約10時間です。決して近くはありませんが、一度はレースを観戦しに行ってみてはいかがでしょうか。

計画が重要なF1オーストラリアGP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F1オーストラリアGPを観戦しにいくならそのスケジュールはとても重要です。ただでさえF1オーストラリアGPは開幕戦の地として有名ですので、人々が殺到するのは容易に想像がつきます。そして昨今の時代背景もあり、特に海外は人が多数集まるところにトラブルが起きやすくなっています。そのため事前に綿密にスケジュールを組み、想定外のトラブルや突然の不測の事態にも対処できるようにしておかなければなりません。
例えばトラブルに巻き込まれたら知り合いとどこで落ち合うのか、どこに逃げ込むのか、そしてどこに連絡を取ってどういう行動をしなければならないのか、ということをあらかじめある程度決めておくと、トラブルに巻き込まれた時に慌てずに済みます。
ツアー会社はこれらのことも想定しいろいろと対策はしてくれますが、特に海外では自分の身は自分で守るということが前提ですので、常に冷静な行動が取れるように事前にスケジュールをきちんと組み、いかなる場合でもちゃんとした行動が取れるようにしておいた方が良いです。

F1オーストラリアGPのツアースケジュール例

それではF1オーストラリアGPをツアーで見に行く際に、実際どのようなルートを辿って現地まで行くと良いのでしょうか。具体的に出発から帰国までのルートを紹介します。
まずは3月13日の午後にご自宅から成田空港へ行きます。時間に余裕を持って出発し、余った時間は空港ラウンジで優雅にカフェを満喫しましょう。
その後19時20分に成田空港を離陸し、空路でメルボルンへ旅立ちます。長いフライトを終えれば同14日の午前8時にメルボルンへ到着します。現地のツアー係員と共に、バスでホテルへ向かいます。とりあえずホテル到着後はお部屋にはまだ入れないので、ホテル内で自由行動をし、買い物やホテル内探索などを満喫した後、15時以降にお部屋へ入室します。
そして3日間のレース観戦を楽しんだ後、同18日朝に現地ツアー係員と共に現地空港へ向かいます。そして午前9時20分現地空港を離陸し、空路で帰国の途につきます。同日17時40分に成田空港へ到着したら、そのまま現地解散となり、自宅へ帰ります。出発、到着はこのような流れになります。

F1オーストラリアGPのサーキット場へ

F1オーストラリアGPを観戦中のスケジュールはどのようなスケジュールになっているのでしょうか。F1オーストラリアGPは2日から3日かけて行われますので、その日によって行動がまちまちです。具体的な行動例を紹介します。
まずホテルからサーキット場まではトラムと呼ばれる路面電車に無料で乗れますのでこちらで移動します。ちなみに土日でも無料で走っていますので、覚えておくと良いでしょう。このトラムは2、3分おきに来ますので、1本逃しても焦らなくて大丈夫です。後はトラムに乗ってからわずか15分足らずでサーキット場へ到着します。サーキット場はとても広く、芝生の上で寝っ転がったりお食事を取ったりしてのんびり過ごせますので、ここで旅の疲れを癒せます。
その後レースを観戦し、レース観戦後はコース内に入ることもできますので、いろいろと見て回ることができます。楽しく一日を過ごしたらまたトラムに乗り、ホテルへ戻ります。そして明日のレース観戦のためにゆっくりと休みます。

F1オーストラリアGPは早期割引がお得
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F1オーストラリアGPは開幕戦の地として有名なだけあって毎年人気が高く、ツアーがすぐに定員いっぱいになってしまいます。少しでも早く予約を入れた方が良いのですが、それ以外にも早く申し込むメリットがあります。それが早期割引という特典です。
各ツアー企画会社によっていろいろと違いますが、一番最初にツアーに予約を入れると大幅に金額を差し引いてくれます。大体ツアーの定額価格より15,000円から20,000円ほど差し引いてくれます。一度この1回目の申し込みで締め切りされて、そして2、3ヶ月後に2回めの応募が開始されますが、その時は若干割引額が下がります。
こちらもツアー企画会社によって様々ですが、大体1回目の割引価格より5,000円ほどダウンの10,000円から15,000円ほどとなり、割引価格を下げて予約が受付されます。それ以外にもリピーター様限定割引などもあり、リピーターの方にはさらに5,000円下げてくれるなどのユニークな特典もあります。

F1オーストラリアGPの早期割引で特典もゲット

早期割引でチケットを購入すると、金額の割引だけでなく様々な特典も受け取ることができます。例えば抽選で50名にショッピングバウチャーがプレゼントされたり、オリジナルのラジオやドリンクボトルなどをくれるところもあります。
また一般の人よりも早くピットに入れるなど何かと嬉しいサービスが付いています。その他にも各社色々な早期割引特典を用意していて、中にはサプライズプレゼントとして有名F1カメラマンにより撮影された、雑誌に載ってもおかしくないようなドライバーやマシンのフォトなど、マニアにとっては垂涎のお宝がプレゼントされることもあります。
これにドライバーのサインをゲットできれば世界にも数枚あるかないかの貴重なお宝写真となります。このように早期割引特典には一般の人ではまず手に入らないようなお宝を手に入れることもできるのです。

F1オーストラリアGPはグループ割引でさらにお得に

あまり知られてはいませんが、F1オーストラリアGPにツアーに行くならグループ旅行がお得です。早期割引ではさらにコストを減らしたい人のためにグループ割引なるものがあります。やはりグループ割引というだけあって人数の縛りがあり、2、3人では無理なところが多いです。大方6名以上というところがほとんどで、人数が多い分価格を割り引いてくれます。
もちろん空港からホテルの間には送迎車が付き、待ち時間なくスピーディーに移動することができます。また受賞経験があるような特別に用意された豪華なお食事などが付いているものもあり、とてもお得感があります。
グループ割引をしてもらった上でこのようなサービスが受けられるのはとても嬉しいものでしょう。しかしグループ割引の条件は多少厳しく、幼児は人数に加えることができない、新規で人数を追加した場合は対象外などの規約もありますので、注意が必要です。

メルボルンで開催されるF1オーストラリアGP
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

F1オーストラリアGPは第二の都市として有名なメルボルンで開催されます。F1と言えば普通は整備がちゃんとされたレーシング場で行われるのですが、オーストラリアGPの場合はちょっとユニークで、メルボルンの市街地を利用してレースが行われます。
メルボルンの中心部から南にあるアルバートパークサーキット場で開催されますが、普段は観光客や地元の人などで賑わっている公園アルバートパークは、レースが開催される時期が近づいてくると周辺に鉄柵などが設置され始め、のきなみサーキット場へとその姿を変貌させていきます。
このメルボルンの市街地がレースコースとして使われ始めたのは1996年からで、それ以前は同じくオーストラリアの南部の都市アデレードにて1985年から1995年まで行われていました。この1985年はオーストラリアGPがはじめて世界選手権の一部になった歴史的な年でもあります。

F1オーストラリアGPメルボルンの前はアデレードが開催地だった

現在レースはメルボルンにて開催されていますが、それ以前は南オーストラリア州のアデレードにて開催されていました。第16公園と呼ばれるヴィクトリア公園を基点にしてその周辺のアデレード市街地を疾走するというコース設定で、ヴィクトリア公園をスタートしてぐるっと市街地を1周してまた公園へ戻ってきます。
もともとこのヴィクトリア公園には競馬場があって、そのスペースも有効に活用されました。なお、この競馬場はその後2008年アデレード市議会にて競馬場の改修案が否決されたことにより、モーフェットビルに競馬場が移転されています。現在アデレートの市街地を利用したコースはF1ではなくスーパーカーの選手権にて距離が短縮され使われています。
現在でもアデレート市議会は南オーストラリアの州政府にアデレートでのF1レースの開催を復活するように調査を要請しているようですが、州政府の対応としては受け入れておらず、この要請を強く批判しています。批判の原因はアデレート市が資金負担を渋っているとして、州政府との資金負担額が折り合わないことが原因とされています。

F1オーストラリアGPが開かれるサーキット場はアルバートパークサーキット

このメルボルンで開かれるレースのサーキット名は正式名称アルバートパークサーキットと言い、1996年より毎年設置が開始されました。コースの全長はなんと5303メートルにも及び、このコースを58周も時計回りに回り続けなければなりません。コーナーは16ヶ所もあり、これらのカーブがドライバーを悩ませると同時に腕の見せどころでもあります。
カーブに差し掛かったときがライバルを抜く一つのポイントでもあり、コーナーでのドライビングテクニックがうまければうまいほどタイムにも差が出てきます。しかしコーナーがまた曲者で、ここはドライビングテクニックだけでは乗り切ることはできません。コーナーに入る直前には必ず減速をしなければならず、この際にも減速Gと呼ばれる縦方向の重力がドライバーに掛かることになります。
これらのストレートが各ヘアピンでつながっている難関コース、通称ストップアンドゴータイプのコースを2日から3日間かけて走り続けます。最大収容人数は8万人で、2019年には32万人超も訪れ過去最高の人数を達成しました。メルボルンでの見どころはこの通常の公園での景色とサーキット場へと様変わりをしたギャップの風景で、大いに楽しめるようになっています。